便秘や下痢の危険性は?ビークレンズの全成分と副作用危険度まとめ!

 

この記事はビークレンズの全成分についてまとめています。

 

ビークレンズに含まれている全成分の効果と副作用危険度を一覧でまとめましたが、結論から言うとビークレンズに危険性の高い成分は使われていません…!

 

ビークレンズで便秘や下痢になる心配は少ないので、『安全性を確認したかっただけ!』という人は公式サイトからビークレンズの詳細を確認してみましょう。

 

 

成分名 便秘や下痢の危険性 効果
難消化性デキストリン 腸内フローラのバランスを整えます。便の量を増やすことで、便秘を解消します。
エリスリトール エネルギーに代わりやすい甘味料であり、また、虫歯になりにくいです。
黒胡椒エキス末 ミネラル・ビタミンが豊富に含まれています。脂肪細胞の分解を促進します。
発酵紅茶エキス末 酵素や酵母が豊富でダイエットが出来ると、今話題のコンブチャです。
殺菌乳酸菌末 腸の働きをよくするだけではなく、アレルギーを抑えたり、免疫機能を向上させたりというさまざまな効果があります。
植物発酵エキス末 いろいろな野菜や穀物、果物などを発酵させてできたエキスです。便秘を改善したり、体温を上昇させたりと身体に嬉しい効果があります。
ヤシガラ活性炭 体内に溜まった不要物をしっかりと排出します。
伊那赤松妙炭 ポリフェノールを多く含んでいます。体内に溜まった油を排出します。
L-カルニチンフマル酸塩 脂肪を燃焼します。疲労を回復させます。
ヒハツエキス末 むくみを取り除きます。脂肪を燃焼させます。
ギムネマシルベスタエキス末 糖が腸管から吸収されるのを阻害します。
豚プラセンタエキス末 アンチエイジング効果が人気の成分です。
ブラックジンジャーエキス末 血行を良くし、冷え性やむくみを改善します。
プロテオグリカン含有サケ鼻軟骨エキス末/炭末色素 細胞と細胞の間で多くの水分を保持することで美容効果も期待出来ます。
酸味料、酸化マグネシウム 酸味を付けることで飲みやすくします。
香料 リラックスやリフレッシュ効果に期待できます。
甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物) 砂糖よりも甘いですが、虫歯になりにくい甘味料です。
ビタミンE 血行を良くするのでアンチエイジング作用があります。
ベタイン 甘味をもたらしますが、糖尿病を予防する効果もあります。
ヒアルロン酸 水分保持力が高いので保湿力に優れています。
シクロデキストリン 食物繊維です。
葉酸 胎児の成長に必要とされ、妊娠中に摂取を勧められることで有名な栄養素です。

 

便秘や下痢の危険性:当サイトの基準で算出しています

 

ビークレンズに含まれる各成分の効果や副作用の危険度を調査してみたところ、上記のような結果となりました。

 

上述した通り、ビークレンズには下痢や便秘を起こすような危険な成分は含まれていないので安心して飲めるクレンズドリンクだと言えるでしょう。

 

チャコールを始めとするお腹の働きに作用する成分がぎゅっと含まれるので、詰まってしまったお腹の動きもこのビークレンズがスムーズにしてくれるはずですよ。

 

安全かつ確実に効果を実感できるクレンズドリンクを購入したい!そう思う場合は、ビークレンズを選んでおけば間違いないと言えるでしょう。